主に、オンラインTRPGシルバーレインの「あまの兄姉妹」、エンドブレイカー!の「シュルツ・ウェイド」の日々の日記(仮プレとかも)を気が向き次第記入するところ。 気が向いたら更新なので毎日というわけではない。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
天野夏優の普通な一日
2008-09-11 Thu 00:51
能力者といえどやはり人の子。
毎日ゴーストハンティングするためにゴーストタウンに行ったり依頼を受けたりしているわけじゃない。


多分。
6:00
天野夏優の朝は実は割りと早い。
「んむー・・・よぉ寝た・・・二度寝・・・はやめとくかぁ」
と、言いながらトイレへ。
どうやら掛け布団が完全に剥がれていたせいでお腹を冷やして腹を下したようです。

7:00
「今日の弁当はこんな感じで良いか」
弁当の右半分が日の丸弁当、左半分が冷食の唐揚げとだし巻き卵3切れ、ヒジキの炒め物だ。冷ました弁当を布で包んでから、弁当の具を作る時に一緒に作った味噌汁とおかずの余りで朝食を始める。
「やっぱ味噌汁は豆腐が重要だな、ウン」

8:30
短大に到着。
「だりー・・・なんか依頼の情報入ってねーかなぁ・・・」
と、小さく呟きつつ携帯をポチポチといじくっている。勉強しろよ短大生。

16:30
短大の授業終了
「ふぅ、ながかったー」
授業をサボってるようで実はまめにノートもとっていたようです。……え、まじ?

17:00
アマノカンパニーに到着、荷物をデスクに置いて挨拶を適当にしてからトレーニングルームへ。バッド片手に何故か設置してあるバッティングコーナーで豪速球(時速150km)を相手にバッドを振るい始める。
「ど根性ー!!!」
意外とこの手の見切りは得意なようで、バッドの振り方は素人そのものだが10球中8球は見事に当てていた。能力者であり、戦闘を多く経験しているが故にこのぐらいは意外と簡単に見切れるようだ。
ちなみに、当てたボールはファールだったりフライだったりゴロだったりと、ヒットやホームランに繋がる球は極めて少ない。

19:00
木漏れ日の館の談話室に顔を出して談話に興じる。
「~~~~」
「え、そりゃありえないだろ?」
「~~~~~~」
「あ、そうなの?」
「~~~」
「なるほどな、リカイハシアワセ」
等とオレンジな台詞を吐きつつ良い時間になった所で切り上げる。

21:00
天野夏優の詠唱兵器以外の装備も実は割りと多い。
まぁ、ぶっちゃ蹴れば通常火器と言う奴だ。
ハンドガン(デザートイーグル50AE)にショットガン(レミントンM870警察仕様)にグレネードランチャー(ダネルMGL)の3種類の火器である。
これらは銀誓館に来る以前に必要に応じて使ったりすることもあった武装であるが…最近は「裏稼業」よりも「ゴースト退治依頼」を受けてばかりなので使う機会が全く存在しなかったりするのだ。
それでも、今日の様に時々完全解体して埃を取ったり、グリスを塗り直したりして整備状態はほぼ万全といえる。
「使ってない状態だと、ホント趣味のコレクションだよなぁ…」
ちなみに、使っていない『趣味のコレクション』と化してしまった詠唱兵器が山ほど合ったりするが、そっちは整備を全然していない。まぁ、そもそも整備をする必要も無いのだが…。

25:00
「ふぁ・・・そろそろ寝るか」
先ほどまで整備していた銃は押入れにしまい、自身は愛用の布団の上で丸くなる。
これが、天野夏優の平凡な一日であった。
スポンサーサイト
別窓 | Silver Rain | コメント:0 | トラックバック:0
<<【日常】大掃除1冬美編 | とある大鎌使いのメモ帳っぽい何か | 【依頼参加】石中の猿群>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| とある大鎌使いのメモ帳っぽい何か |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。